2022年ニューサウスウエールズ州の祝日について。 Public Holiday in NSW 2022

スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんばんは、シドニーマンです。

オーストラリアにも祝日(パブリックホリデー Public Holiday)があります。それは各州ごとに設定されており同じ日に同じように祝日がある場合と、そうでない場合があります。また国全体で同じ日に祝日も設定してあります。

祝日は、何月何日と日付で決まっているものもあれば、6月の第三月曜日などと毎年日にちが変わっていくものもあるので何かことがある場合や予定を入れてある場合は注意が必要です。

2022年のクイーンズバースデー(Queen’s Birthday)を例に上げてみますと、

シドニーがあるニューサウスウェールズ州(NSW)では6月13日(月曜日)ですが、パースがある西オーストラリア州(WA)では9月26日(月曜日)になり、ケアンズ、ゴールドコースト、ブリスベンがあるクイーンズランド州(QLD)では10月3日(月曜日)と州によって全く違った日になっています。

これは同じ名前の祝日でも州ごとの諸事情によって扱いがちがう為です。

祝日の中でも12月25日の「クリスマス」、12月26日の「ボクシングデー」、3月中旬から4月中旬の「イースターフライデー」(毎年期間が異なります)が賑やかな祝日となり、多くのスーパー、ショッピングセンターや飲食店もそれに合わせた形(休みや特別セールや特別メニューの提供)を取っています。

以前のオーストラリアでは、日曜、祝日にはほとんどの店は閉めていましたが、今ではビジネス街を除き多くのショッピングセンターは営業しますし、飲食店がサーチャージ(Surcharge )を取って営業を行っています。

*サーチャージ Surcharge とは?

祝日や祭日、または週末にカフェやレストランで食事や飲み物を楽しんで支払いの際余分に支払う金額のことです。通常の代金プラス10%から15%上乗せされます。勿論サーチャージを設けていない所もあります。

スポンサーリンク

ニューサウスウエールズ州(NSW)の祝日(Public Holiday)一覧と説明

ここでは、2022年ニューサウスウエールズ州(NSW)の祝日(Public Holiday)についてご説明致します。

こちらがニューサウスウエールズ州の祝日一覧表です。

祝日名日にち
New Year’s Day1月1日
New Year Holiday1月3日
Australia Day1月26日
Good Friday4月15日
Easter Monday4月18日
Anzac Day4月25日
Queen’s Birthday6月13日
Labour Day10月3日
Christmas Day12月25日
Boxing Day12月26日

New Year’s Day(ニューイヤーズデイ)

1月1日。元旦です。オーストラリア全土で新しい年の初日で新年を祝う日として祝日です。日本のように正月三が日が休みになりません。オーストラリアでは祝日となるのは1月1日のイチニチのみです。

*本来なら元旦(1月1日)のみ祝日扱いですが2022年の場合は元旦が土曜日だったのでその振替休日として1月3日(月曜日)も祝日扱いになりました。

Australia Day(オーストラリアデイ)

1月26日。建国記念日です。1788年にニューサウスウェールズ州のポートジャクソン湾にイギリスからの移民船が到着した日がこの日(1月26日)になり、それを記念してこの日がオーストラリア全州同じでオーストラリアデイと定められています。この日はオーストラリア全土で建国を祝う様々な式典が行われますが、先住民(アボリジニ)を侵略した日であると捉えている人たちからは抗議運動も行われています。

Good Friday(グッドフライデー)

2022年は4月15日です。グッドフライデーは、イースター(復活祭)ホリデーの金曜日になります。イースターマンデーと合わせて、オーストラリアでは4連休(グッドフライデー、土曜日、日曜日、イースターマンデー)のイースターホリデーになります。毎年実施日が変更され大体3月下旬から4月中旬の間になります。

Easter Monday(イースターマンデー)

4月18日です。イースターマンデーは、イースター(復活祭)ホリデーの月曜日、オーストラリアでは前週金曜日(グッドフライデー)からの4連休となります。

*イースターホリデー期間中は営業時間が通常通りではないショッピングセンターやスーパーマーケットが多く、飲食店も休みになったり、サーチャージを取って営業しています。

Anzac Day(アンザックデー)

4月25日です。戦争記念日です。この日は第一次世界大戦のガリポリの戦いで犠牲となった、オーストラリア・ニュージーランド連合国軍(Australian and New Zealand Army Corp この大文字の部分を取り ANZAC です。)を追悼するために定められた休日です。このアンザックデーも毎年4月25日に固定されています。

Queen’s Birthday(クイーンズバースデー)

6月13日です。クイーンズバースデー、キングス・バースデーは、オーストラリアはイギリスを君主にしている英連邦王国(Commonwealth realm)に属しているため、その元首であるイギリスの国王、女王の誕生を祝うために決められた祝日になります。なので実際の誕生日ではないのです。実はひと昔前までは誕生日にあわせて設定されていましたが、1936年ジョージ5世の死後、日付は6月3日である彼の誕生日に固定されましたが、その後西オーストラリア州を除いて6月の第2月曜と現在の形に落ち着きました。ちなみに西オーストラリア州は9月の最終月曜日となります。

Labour Day(レイバーデイ)

10月3日です。勤労感謝の日になります。ニューサウスウェールズ州(NSW)、南オーストラリア州(SA)とオーストラリア首都特別区(ACT)は10月第1月曜日、西オーストラリア州(WA)では3月第1月曜日、ビクトリア州(VIC)とタスマニア州(TAS)では3月第2月曜日、クイーンズランド州(QLD)とノーザンテリトリー準州(NT)では5月第1月曜日と、州により異なります。また名称もノーザンテリトリー州では「May Day(メイデイ、もしくはメーデー)」、タスマニア州では「Eight Hours Day(エイトアワーズデイ)」と呼ばれています。

Christmas Day(クリスマスデー)

誰もが知っているこの日。毎年12月25日はオーストラリア全土で多くのショッピングセンターや飲食店は定休日となり、また一部の観光施設もこの日はお休みとなります。

Boxing Day(ボクシングデー)

ボクシングデーは毎年クリスマスの翌日12月26日に固定されています。オーストラリアをはじめとする多くの英連邦国で制定されている祭日で、クリスマスプレゼントをクリスマスの次の日に開けて家族で楽しいひと時を過ごすとか、昔イギリスで雇用主が従業員にプレゼントを箱(ボックス)に入れて渡した日が12月26日であったことから始まったなどありますが、とにかく祭日です。25日のクリスマスは休みにしているショッピングセンターや飲食店が多いですが、このボクシングデーはショッピングセンターやインターネットサイトで大規模なセールが行われたりしています。飲食店は年末に向けての繁忙期の始まりを意味しています。

クリスマスは家族とユックリ過ごし、ボクシングデーは目当てのセール品買い込む。シドニークリスマス時期の光景です。

各州主要都市と短縮表示州名

ここでは、オーストラリアの各州主要都市と各州の短縮表示州名をご紹介致します。

オーストラリアは5つの州と1つの準州と首都特別区の7つに分けられています。

州名短絡表示の州名主要都市
ニューサウスウエールズ州NSWシドニー
クイーンズランド州QLDゴールドコースト、ブリスベン、ケアンズ
ビクトリア州VICメルボルン
オーストラリア首都特別区ACTキャンベラ
南オーストラリア州SAアデレード
西オーストラリア州WAパース
ノーザンテリトリー準州NTアリススプリングス、ダーウィン

注意事項

この注意事項はニューサウスウェールズ州だけでなくオーストラリア全土でも適応していることなので覚えておいて欲しいことです。いくつかあります。

各州によって祝日の日にちが違う

各州によって祝日の日にちが違います。

祝日は、何月何日と日付で決まっているものもあれば、3月第三月曜日などといった形で何があっても固定されていて毎年日にちが変わる祝日がいくつもあるので注意が必要です。

その州だけの祝日がある

各州によって、その州だけの祝日があります。

例えば、メルボルンがあるビクトリア州。毎年11月第一火曜日に国内最大規模のホースレース、メルボルンカップが開催されます。この日はビクトリア州のみ祝日になります。そしてエリアも決まっておりメルボルン市内中心部のみです。

祝日の振替休日

オーストラリアでは祝日が土曜日もしくは日曜日と重なると次週月曜日が振替休日になります。

例えば2022年1月1日。この日は元旦で祝日ですが曜日は土曜日です。

そうなると1月2日は日曜日になりますので、振替休日が発生しそれが1月3日(月曜日)となり、1月1日(土曜日)から3日(月曜日)の3連休になりました。余談ですがこの時ばかりは正月3が日を感じることが出来ました。

この日に働く場合は?

祝日に働く場合、働き手によってはコンディションが変わります。

時給制で働いているのであれば、時給が上がります。

それでも休む事を選ぶ人が多いのも、オーストラリア、シドニーの特徴でもあります。

海外旅行はJTB!Web限定商品など、海外ツアー検索・予約が可能!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

オーストラリアの祝日は、毎年曜日に関係していて、昨年のクリスマス(12月25日)は土曜日だったので振替休日が27日(月曜日)になり翌日ボクシングデー(12月26日)は日曜日になり振替休日が28日(火曜日)になりました。クリスマス時期に4日間の祝日だったわけです。また2022年元旦(1月1日)が土曜日だったため、1月3日(月曜日)が振替休日になりました。ここでは、正月3が日を味わえました。

そして2022年のクリスマスは日曜日になるので翌日12月26日(月曜日)はボクシングデー、27日(火曜日)がクリスマスの振替休日になります。三日間の祝日です。

このようにその年によって祝日のあり方が違います。

またショッピングセンターや飲食店も祝日によって営業時間などの変更がありますのでその都度確認してください。