新型コロナウイルス経済支援としてニューサウスウエールズ州が発行している、Dine & Discover Voucherを使ってみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんばんは、シドニーマンです。

来月末に期限が切れてしまうDine&Discover Voucher、今月上旬に使ってみました。

スポンサーリンク

Dine&Discover Voucherとは?

シドニーがあるニューサウスウェールズ州で発行している、新型コロナウイル経済支援策です。

ニューサウスウェールズ州在住者で18歳以上であれば手続きを済ませるだけで無料で誰でも受け取ることが出来ます。(一人辺り$100分)

内訳として、

Dine $25.00X2枚 $50.00分

Discover $25.00X2枚 $50.00分

です。

例えば、7歳の子供がひとりいる3人家族であれば、お父さん$100.00分。お母さん$100.00分、計$200.00分受け取ることができます。

何処で使用できる?

ニューサウスウェールズ州の各地で使用することができます。

こちらのサイトで使用可能な場所が確認できます。

Dineの方は、こちらです。

https://mybusiness.service.nsw.gov.au/dine-and-discover/business-finder

Discoverの方は、こちらです。

https://mybusiness.service.nsw.gov.au/dine-and-discover/business-finder#discover

このバウチャー、DineとDiscoverの2種類あります。

Dineの方は、レストランやカフェなどの飲食関係で使用することができます。

Discoverの方は、映画館やアクティビティーで使用することができます。

一度に使用することが出来るバウチャーの数は1枚です。

先程例に上げた家族で言えば、

お父さんのDine Voucher $25.00X2と、お母さんのDine Voucher $25.00X2 あります。一度に複数のバウチャーが使用出来ないですが外食をしたとして、このバウチャーを受け入れてくれるレストランであれば1回につき$25.00の割引してもらえると捉えていただければ解りやすいと思います。

計4回分行くことができます。

また、

お父さんのDiscover Voucher $25.00X2と、お母さんのDiscover Voucher $25.00X2で、このバウチャーを使って映画やアクティビティーをDine Voucher同様に4回楽しむことができます。

誰がこのバウチャーを受け取ることが出来る

このニューサウスウェールズ州政府が発行しているバウチャーですがニューサウスウェールズ州在住者で18歳以上なら誰でも受け取ることができます。

オーストラリアのメディケアカードと運転免許証を持っているのであればオンラインで手続きを行え、手続き終了後30分もすればメールで送られてきます。

メディケアカードと運転免許証を持っていない方はパスポート等のフォトIDを最寄りのserviceNSWのオフィスに行き手続きを行ってください。

使ってみました

この度、このバウチャー Voucherを使ってみました。

今住んでいる地域にあるファーストフード店で使用しました。

会計時にプリントアウトしたバウチャーを見せ、スキャンしてもらい、バウチャー金額分$25.00差し引いた金額を払い食べ物を受け取りました。

今回使用して困った点

このバウチャーにも困った点があります。

2021 年3月には私が働かせて頂いてるレストランでもこのバウチャーを受け入れ始めました。ですのでその頃から働いているスタッフやこの時期以降に働き始めたスタッフにはこのバウチャーの対処法はトレーニングしなければならない項目になっています。(勿論ですが私自身も分かっていないといけません)

それなのに今だにこのバウチャーを理解していないスタッフが今回私が買いに行ったこのファーストフード店に居たことに驚きました。

何これ?

と、誰が見ても分かってしまうほどあからさまに嫌な顔をされました。

私は、スグにこのスタッフはわかっていない事に気が付き、

店長さんに聞いて。

と次の対応を即しました。

このバウチャー、来月末で終わってしまうのに、まだ理解していない飲食関係従業員に今だに居る。

こういった方たちには、上手く促してあげなければならないのですが。そこがヒト。素直に聞くヒトも居れば、そうで無いヒトも居る。

仕事柄良くわかります。この辺りのコントロールが大変難しいのです。

使えない状況もある?!

このバウチャー、Discoverの方はまだ使っていないので分かりませんがDineの方だと使えない状況があるのです。

それは、大きく分けてこの2つの状況です。

お店の都合上

このバウチャーはニューサウスウェールズ州に居て18歳以上であれば誰でも無料で申請でき使用することができます。Grouponや、Scooponの様な割引サイトが発行したバウチャーではないので、使用上のルールが事細かく決まっていません。ですのでお店(レストランやカフェ等)に4人、5人、6人で来店し、そのお客全員がこのバウチャーを使用するものなら現場のレジ処理が大変困ります。

お客様はこの方達だけではありません。当然他にもいらっしゃいます。

想像してみてください。

無料で受け取ることが出来るバウチャー。お店側も費用を一切出していないので持ってこられても困りません。

ですがほとんどのお客様がバウチャーを提示してきた場合。現場での処理がもう無茶苦茶です。そしてその日の売り上げ日報の際、オカシナ誤差が出てしまう羽目に。

レストランの現場が追いつかない状況になりやすいのです。

持ち帰り

バウチャーのタイトルがDineである以上、そのお店(レストランやカフェ等)での食事であれば、このバウチャーを使用することができます。

では、持ち帰り(Takeaway)ではどうでしょうか?

この辺りのルールがはっきりしていない為、持ち帰りをオーダーして対応してくれるレストランとそうでない所があるのです。

バウチャーにはDineと銘打ってある以上、レストランもしくはカフェ等の店内飲食に対応。

それをDineと銘打ってあるバウチャーを持ち帰り(Takeaway)でも使おうとは。。。

お店の裁量次第なところです。

ちなみに私が働かせて頂いてるレストランでは、このバウチャーを受け入れておりますが、断固として店内飲食のお客様のみ対応しております。この理由は現場で対応しきれないからです。

ここからは私事。

本当ならこのバウチャーが使用できるレストランでも予約して家族時間を楽しみたかったのですが、私の公休が半日しか取れず(それもギリギリになってやっと取れた公休)、レストランに予約したくても出来なかったのが本当の理由です。

そう、シドニーはどの業界も深刻な人手不足なのです。

人はそれなりに居るのですが、従業員に現役大学生の割合が大きく、皆同じ時期に試験がありますので、その時期はこぞって休みます。なので必要な時にスタッフが休む。理由が理由なだけに、出てきてくれ!とも言えない。

今回私がこのバウチャーを利用したお店も同じようでした。

まとめ

Dine & Discover Voucher 使ってみました。

私が働かせて頂いているレストランにも毎日、このバウチャーを持ってくるお客様はいらっしゃいます。

仕事柄毎日受け入れ処理する側にいるのですが、今回私自身がDineの方を使ってみましたが不覚にもこのバウチャーを使ってまた外食をしてみようかと、もしくはDiscoverの方で映画やアクティビティーを楽しもうかと思ってしまいました。

ニューサウスウェールズ州政府の考案したDine & Discover Voucher。シドニー市民が毎日どこかで使用しているのがわかります。経済支援としての政策は良い結果が出ているのではないでしょうか。

期間は2021年6月30日までです。

タイトルとURLをコピーしました