新型コロナウイルスクラスター(集団感染)が発生したシドニーノーザンビーチ地区。Northern Beaches その後の経過は?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんばんは、シドニーマンです。

新型コロナウイルスクラスターが発生したノーザンビーチ地区(Northern Beaches)のその後の経過です。

スポンサーリンク




ノーザンビーチ地区(Northern Beaches)の経過



新型コロナウイルスクラスターが発生したノーザンビーチ地区(Northern Beaches)は2020年12月18日(金曜日)から20日(日曜日)までの期間、この地域のみのロックダウン、つまり隔離されておりました。

シドニー中心地からノーザンビーチ地区に行く陸路では警察が介入しニュートラルベイ辺りからノーザンビーチ地区方面はよほどのことが無いと入れなくなり、その地域の住人ですら出入りの制限がかけられました。

18日(金曜日)の時点で28人の新型コロナウイルス感染者が出ていると公式発表もされております。

COVID-19 health alert on Northern Beaches extended
In line with NSW Health advice that from 5pm today, Saturday 19 December until midnight Wednesday 23 December, Public Health Orders will be in plac

ノーザンビーチ地区、及びその周りの地域の反応は?

クリスマス1週間前の週末です。学校も夏休みに入り何かと予定を入れていた人達が多かったと思います。ですが、新型コロナウイルスクラスター発生により状況は激変しました。

12月18日金曜日には、外食禁止など公衆衛生命令が発動されました。この発動によって、ノーザンビーチ地区及びその周りの地域のレストランは、予約がこぞってキャンセルという状況になりました。事が事なだけに誰も文句は表立って言いませんが、同じ飲食業界に携わっている私としては、各レストラン関係者は頭を抱えているのではと思います。

そしてこれは当たっていていろんな業者さん、特に私が働かせていただいているレストランに来るどの業者の配達員さんからも、

“ノーザンビーチ地区方面の配達量が減った。”

“この状況なのでノーザンビーチ地区のオーダーがキャンセルになった。”

などの情報を頂きました。

意外と落ち着いている?

今回の様に自分が住んでいる地域から急に新型コロナウイルスクラスターが発生したら、どう対応出来ますか?

2020年3月ではシドニーロックダウン中にも関わらずボンダイビーチでは人が集まりました。メルボルンもホンのひと月ほど前にやっとロックダウンが解除されました。それらと比べて今回のノーザンビーチ地区は、それ程騒ぎ立てているような感じがしません。

こちらが2020年3月のボンダイビーチ(Bondi Beach)の様子。

Like March, a wealthy part of the harbour city is the epicentre of a coronavirus scare. Pictured is a crowd at Bondi Beach on March 20, the day Australia's border was closed to non-residents and non-citizens

こちらが2020年12月18日のノーザンビーチ地区(Northern Beaches)にあるアバロンビーチ(Avalon Beach)の様子です。

The latest Covid outbreak in Sydney's Northern Beaches has a lot in common with the original pandemic flare-up in Bondi. Pictured are women at Avalon Beach on December 18, 2020

皆さん今年色々経験してわかってきたのか?

一説には、この地域は裕福層が多いため数日ごとき自宅待機したからと言って困る人達が少ないからとの意見もあるようです。

確かにこの地区はビーチが多くビーチサイドには沢山の個性的な一戸建て住宅が立ち並んでいます。

Image result for northern beaches house

ノーザンビーチ地区のこれからは?

ニューサウスウェールズ州政府はノーザンビーチ地区に公衆衛生命令を発出し期間を延長。12月23日水曜日深夜まで飲食施設、ジムなどは閉鎖。ただし食べ物に関して持ち帰り(テイクアウト TAKEAWAY)は出来る。この地区の住民は必要不可欠な行動以外自宅待機。また例外を除きノーザンビーチ地区以外の住人はこの期間この地区に入ることが禁止されました。

ロックダウンです。

飛び火している状況

ノーザンビーチ地区自体は落ち着いているかもしれませんが、新型コロナウイルスは飛び火していて他のサバーブでも発生しています。

クロウズネスト Crowsnest,ダブルベイ Double Bay,フレッシュウォーター Freshwater,キリビリ Kirribilli,レーンコーブ Lane Cove,ニュートラルベイ Neutral Bay,サリーヒルズ Surry Hills,タラマラ Turramurra等。

詳しくは、こちらでご確認ください。

またシドニー空港Domestic(国内線)も今年3月、4月頃と同様のロックダウン対応をしています。

既にトイレットペーパー不足気味です。

ネットで簡単☆24時間お申込みOK!
海外旅行・留学・ワーホリ保険のAIG損保

まとめ

オーストラリアは他の国よりも新型コロナウイルスを抑えている方だと思います。それでもクラスターが発生しています。

2020年12月中旬になっても新型コロナウイルスの脅威は無くなっておりません。この現状をしっかり受け止めなければなりません。

これからクリスマス、ボクシングデー、そして大晦日ニューイヤーイブのカウントダウン花火とイベント目白押しのシドニーです。

もしこの状況が長引けば、各イベントにも支障が出てきます。そうなるとレストランの予約キャンセルどころの騒ぎではなくなります。時期が時期だけに甚大な経済被害が出そうです。

なんだか、2020年3月、4月頃に戻った様な感じがします。

先が読めません。今後どうなる?