" /> シドニーでの風邪は長引きます。 | 耳寄り情報 in シドニー。

シドニーでの風邪は長引きます。

スポンサーリンク
シドニーで風邪
スポンサーリンク

こんばんは。 最近、風邪をぶり返し熱は無いのですが、咳だけがずっと続いている状態のシドニーマンです。

今回は自分自身の経験から、オーストラリアで風邪を引くとこれが辛い!と、オーストラリアで買える風邪薬や対処法をご紹介いたします。

まず、オーストラリアで風邪を引いた場合、

喉が痛い!

「喉が痛い」の画像検索結果

オーストラリアで主に流行る風邪はズバリ、喉からくる喉風邪!喉からくるので咳が止まりません。空気が乾燥しているせいかもしれませんが、咳が出始めると止まりませんし、咳をしすぎるので、とても喉が痛いのです。

喋るの辛いし咳すると苦しいし、オーストラリアの風邪、コワいです。

とにかくオーストラリアで風邪を引いている人がいたら大体喉の痛みを訴えているはず。(私もそうです。)

長引く

オーストラリアの風邪、普通に長引きます。日本にいた時は風邪なんて2〜3日で治っていた気がしますが、こっちの風邪は1週間たっても治らない。

風邪を引いて、熱が下がっても、その後1週間以上、咳だけが止まらないとか、喉の痛みだけが取れないとか、普通です。とにかく一回引くとずっと引いている感があるのがオーストラリアの風邪。とにかく、しつこいんです。

スーパーや薬局ですぐに買える風邪薬。

実際にオーストラリアで風邪を引いたらどうするのか?

身近なスーパー(ウールワースもしくは、コールスなど。)や薬局で処方箋無しで買える風邪薬等をご紹介します。

LEMSIP
「シドニー 風邪」の画像検索結果

こちらは粉末状の飲み薬。レモネードのような味で思っている以上に効きます。お湯でといて飲むのだけなので、喉風邪にも優しいです。

Panadol
「シドニー 風邪」の画像検索結果

オーストラリアの家庭用常備薬。どこででも手に入ります。風邪でなくても、”なんか調子が悪い”ってときには、この薬、パナドールです。いろいろ種類があります。

Strepsils

「シドニー 風邪」の画像検索結果

薬用のど飴。こののど飴もド定番です。写真では、”Honey&Lemon”味ですが、他にもいろいろなフレーバーがあります。もちろん、のどの痛みはかなり緩和されます。のどが痛い風邪でも外出しないといけないときなど、常備しておくと良いでしょう。

Codral Cold&Flu

「シドニー 風邪」の画像検索結果

この薬もシリーズがあり、スーパー、薬局、何処ででも買えます。薬局で聞けば症状によったり、その年によって風邪の質が違うので、どれが効くか教えてくれます。

マヌカハニー

風邪の症状が出てきたら、迷わずマヌカハニーです。

「シドニー 風邪 ...」の画像検索結果

この上の画像のマヌカハニーはスーパーで簡単に手に入るものです。

下のマヌカハニーは、ちょっとお値段が張ります。

このように、マヌカハニーにはグレードなどいろいろあります。が、その優れた殺菌力で菌やアレルゲンを殺菌。咳の緩和が期待できます。今回は個人的に咳止めの薬よりマヌカハニーの方が効果があったような気がします。

炎症を抑える作用もマヌカハニーにはありますので、イガイガや痛みなどの不快感も解消できます。

また、風邪の咳だけでなく、花粉症、アレルギー、気管支炎などの症状にも、とても効果があり、薬と併用しても副作用がないので安心です。

「喉が痛い」の画像検索結果

まとめ。

というわけで自分自身がオーストラリアのしつこい喉風邪にやられながら実体験を元に、まとめてみました。

今回は、オーストラリアのスーパーですぐに買える品々をご紹介しましたが、


結局風邪を引いた時は無理せずとにかく安静に休む!

これに限ると思います。

無理して仕事に行っても同僚に移してしまう可能性がありますし、オーストラリアの風邪はこじらせたら治すのに数週間掛かってしまいます。

だったらまずは休んで、治すということを最優先にしたいですね。

また、海外旅行保険に入っているのであればGPに行って、もっと効く薬を貰うのもひとつの手です。



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました