これを知らないと困る!オーストラリアでの車の購入、売却の手続き。スムーズに買いましょう。その2 中古車屋と個人から購入する場合。(NSW州編)

こんにちは。シドニーマンです。

車の購入方法の続きです。

中古車屋から購入。

こちらも自分でほしい車種を決めるのが一番です。

最近ではonlineで見つけることも可能になりました。

こちらが一部のonline ショップです。(こちらのサイトですので全て英語です。)

carsales.com.au

https://www.carsales.com.au/?gclid=CjwKCAiAlb_fBRBHEiwAzMeEdvGhdm-T-GBhU1lCZYjEaOg5LRNDoVx9rglBJHCnJsQLjTkEMkPz_RoCTK4QAvD_BwE

carsguide

https://www.carsguide.com.au/buy-a-car/all-used/all-states/all-locations/all-bodytypes/all-makes/?gclid=CjwKCAiAlb_fBRBHEiwAzMeEduH6zavdnyPK8_hhLd33L5k4OmmEyURQp42gHVB_b_TUoj2R7i3sJxoCmRQQAvD_BwE

onlineショップでめぼしい車種を決めたら、実際に中古車屋に行って実物を見て吟味しましょう。

この場合も、Test Drive(テスト・ドライブ)をした方が良いでしょう。ディーラーで購入する場合と同じで”試乗=購入”ではありませんので納得がいくまで試乗してください。

新車購入時と同じで、納得したら追加アクセサリー、保険、保証、ローンなどを決めて購入手続きをしていきましょう。この場合も、キャンペーンやディスカウントがありますので、しっかり確認してください。追加アクセサリーがある場合、それらの価格が上乗せされます。

車の総支払額が決まればローンで支払うのか、キャッシュで支払うのか、担当者と相談し決定します。

その際、CTP保険は対人賠償責任保険なので、さまざまなリスクを考えると、任意保険、車両総合保険にも加入しておく方が安心です。

個人から購入。

ここでは、自分でほしい車種、予算が決め手になります。

オーストラリアでは個人売買が多いのです。(これはいたって普通の事柄です。) ディーラーから購入するにしても、中古車屋から購入するにしても、ローンを組むことが出来ますが、個人から購入する場合はローンが組めません。ですので、予算がとても重要になります。 掲示板サイトなどから、情報を仕入れます。

ガムツリー (gumtree https://www.gumtree.com.au/cars

ですので気に入った車種が見つかった場合、個人売買なのですから、早急に連絡し、見せてもらい車の状態を確認し、値段交渉はしていきましょう。注意しておかなければならないことは個人売買ですので、早い者勝ちです。この辺りの駆け引きは上手くしてください。 ディーラーや中古車屋から車を購入するのとは違い、個人から車を購入するので、車のチェックをしっかりしてください。 できることなら、車に詳しい人に購入する際、一緒に来てもらい、見てもらうのが良いと思います。 これを忘れると、購入した後、故障しても全て自己負担になります。

車体全体の塗装のむらとサビ。 (意外とあります。)

タイヤの溝の減り具合。

スペアタイヤと工具の確認。

エンジンの年式と汚れ具合。

バッテリーはいつ変えたのか。

オイル交換はいつしたのか。

ラジエーターの調子。

車の少ないところで、ブレーキを何度も踏んで具合の確認。

また、ハンドルを左右に切って具合の確認。

総走行距離の確認。

ライト、ワイパー、メーター類などのアクセサリー類の動作の確認。

まとめ。

車を目の前にして買えることが現実になると、はやる気持ちは判りますが、中古車屋から購入する場合も、個人から購入する場合も必ずその車の質をしっかり見極めてから購入してください。(ディーラーから購入する場合は新車が多いのこのようなことは気にしないのですが。)

メリット

購入価格が意外と値切れる。

デメリット

書類手続きを自分でしなければならない。(期日が決まってあるモノもあるので注意が必要。)

車のコンディションをしっかり見極めなければならない。
それなりに知識がないと相手に負けてしまう。

今回は中古車屋から購入する場合と個人から購入する場合をまとめてみました。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close