これを知らないと困る!オーストラリアでの車の購入、売却の手続き。スムーズに買いましょう。その1 ディーラーから購入する場合。(NSW州編)

こんにちは。シドニーマンです。

今回は、車の買い方。

”これを知らないと困る!オーストラリアでの車の購入、売却の手続き。スムーズに買いましょう。(NSW州編)”

です。

タイトルに(NSW州編)と入れたのは、ここオーストラリアは、州によって手続きが違うからです。 私が住んでいるのがシドニー郊外ですのでNSW州になります。今回はそのNSW州の方法をご紹介していきます。

まず、 オーストラリアでは日本と同じで右側ハンドル左側走行です。なので、日本車(スズキ、ホンダ、日産、ダイハツ等)を、かなりの頻度で見ます。(左側ハンドルは基本的に違法で、ごみ収集車のような一部作業用の車のみ許可されております。) 勿論車検あります。ですので車検さえ通れば、どんなに古い車でも大丈夫なのです。 オーストラリアは車の走行距離、チョット日本と事情が違います。私が知っている日本では、10万キロも走った車なら廃車。。。のようなイメージがありますが、オースラリアの場合は、これぐらいの走行距離は普通です。(中古車であれば、むしろこれから。。みたいになイメージがあります。)

オーストラリアでの車の購入方法。

car photo.jpg

これは、

ディーラーから購入。

中古車屋から購入。

個人から購入。

この3つに分けられます。

今回は、ディーラーからの購入について詳しく説明したいと思います。

ディーラーから購入。

この場合は、基本的に新車になります。(展示車や中古車を販売しているところもあるので、そのあたりは各ディーラーで確認してください。) 通常なら12カ月もしくは走行距離20000kmまでの保証がつきます。 オーストラリアでは、日本で見慣れない車種もありますので(例えば国産のホールデン”HOLDEN” https://www.holden.com.au/  )自分の予算や好みなどを考えながら希望のメーカーや車種を決めていきましょう。

欲しい車種が決まったら、ディーラーに行って車をチェック。 自分が納得いくためにTest Drive(テスト・ドライブ)は必ずしてください。”試乗=購入”ではないので大丈夫です。 自分の購入する車が決まり、テストドライブも済ませ、納得したら追加アクセサリー、保険、保証、ローンなどを決めて購入手続きをしていきましょう。キャンペーンやディスカウントがありますので、しっかり確認してください。追加アクセサリーがある場合、それらの価格が上乗せされます。 車の総支払額が決まればローンで支払うのか、キャッシュで支払うのか、担当者と相談し決定します。その際、CTP保険は対人賠償責任保険なので、さまざまなリスクを考えると、任意保険、車両総合保険にも加入しておく方が安心です。

NSW州の自動車登録手続き

登録窓口:免許と同じ。

登録料:重量による。

車検・所有証明:Pink Slip(ピンク・スリップ)。

車検費用:$39

強制保険:CTP。

強制保険付保方法・費用:各自で保険会社と契約。

強制保険付保証明:Green Slip(グリーン・スリップ)。

税金:3%($45,000まで)、5%($45,000以上)。

名義変更手数料:$32。

まとめ。

ディーラーから購入する場合のメリット、デメリットは、

メリット

車のコンディションは良い。

面倒な書類手続き等をしてくれる。

保証が付くのでその期間の点検、修理は格安で出来る。

デメリット

購入金額がそれなりにする。

セールストークに乗せられて、必要としないものまで購入してしまう恐れがある。

まずは、ディーラーから購入する場合をまとめてみました。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close