アンザックデー (ANZAC DAY)

こんにちは、シドニーマンです。

今回は、”アンザックデー(ANZAC DAY)についてです。

//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

アンザックデー(ANZAC DAY)とは?

ANZACの日(アンザックの日)もしくはアンザック・デー: ANZAC Day)は、オーストラリアニュージーランドクック諸島ニウエサモアトンガ休日

毎年4月25日第一次世界大戦ガリポリの戦いで勇敢に戦ったオーストラリア・ニュージーランド軍団(ANZAC)の兵たちと、当時国の為に尽力した人々のために追悼を行う。

1969年に記念日が設立した。1915年4月25日にANZAC軍がトルコのガリポリに上陸したことに由来する。

1927年にシドニーでドーンサービスが初めて正式に初めて行われた。当初ドーンサービスは簡単なものだったが、今では黙祷、ライフルの発砲、国歌などが加わるようになった。

ANZACは、Australia and New Zealand Army Corps.の略で、ガリポリの戦いに参加した兵士達はANZACsと呼ばれ1916年に正式に4月25日がANZAC Dayとされるようになった。

ANZAC DAYは第二次世界大戦後、ガリポリの戦いに参加した兵士だけでなく、戦争に参加した全てのオーストラリア兵のための記念日に変わっていった。

と、ウィキペディアに載っております。

この日はオーストラリア各地で退役軍人のパレードをはじめ、それにまつわる式典が行われ、テレビ中継もされる程の一大行事なのです。

では、シドニーではどういった式典が行われるのでしょうか?


マーティン・プレイス駅近くの戦没者記念碑前にて、朝4時15分〜5時の間、 Dawn Service が行われます。なぜそんなに早い時間から式典が行われるかと言うと、当時のガリポリ上陸時間に合わせているのだそうです。
 
その後、8時30分から花輪の献花、9時30分からは退役軍人や、軍服を着た人たちによる大規模なパレードがシドニー市内中心部で行われます。
 
パレードのコースは、マーティン・プレイスを出発して、ジョージ・ストリートとバサースト・ストリートを通ってハイド・パークになります。


パーレードの終点のハイド・パークには「Anzac War Memorial」いう、シドニーを代表する戦争記念館があります。これは1916年にガリポリ上陸1周忌を記念して建設を開始し、1934年に完成し、記念館の中では戦争に関する資料を見ることができます。建物はシドニーを代表するアール・デコ建築で、東西それぞれの側面には戦地での様子が10mに渡りブロンズのリリーフとして刻まれています。
 
シティーの色々な所でもセレモニーが行われ、後のセレモニーは、夕方の17時にマーティン・プレイスの戦没者記念碑前にてサンセット・サービスというセレモニーが行なわれ、1日が終わります。

この日は一日かけてのセレモニーになります。

//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

まとめ。

いかがでしたでしょうか。

”アンザックデー”は、この国オーストラリアにとって大きな意味を持つ祝日です。戦争を立派に戦ったANZACの勇敢さを称えるとともに、その勇姿に追悼する記念すべき式典なのです

これを機に、オーストラリアの歴史や日本の歴史、両国の関係、戦争についての歴史を調べてみてはいかがでしょうか?

きっと、今まで知らなかった事や、いろんな発見が有ると思います。

公式サイト(英語)

https://www.awm.gov.au/commemoration/anzac-day


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close